• ホーム
  • マイ・ブッキング
  • アカウントの詳細
  • カスタマーサービス
  • ホテルクラブへようこそ
  • ログイン
  • 登録
チェックインの日付を入力してください
チェックアウトの日付を入力してください
ほとんどのホテルの場合、29日以上のご予約を1回で実行することができません。宿泊日数を28日以下にしてご予約になり、その後、残りの日数を再びご予約ください。
2文字以上を入力してください
ご旅行時のお子様の年齢
年齢が選択されていません。年齢を選択し、再試行してください。
ご旅行時のお子様の年齢
年齢が選択されていません。年齢を選択し、再試行してください。
ご旅行時のお子様の年齢
年齢が選択されていません。年齢を選択し、再試行してください。
ご旅行時のお子様の年齢
年齢が選択されていません。年齢を選択し、再試行してください。
4室以上のご予約をご希望の場合は、この番号までお電話ください:1-888-656-4546
 
電話でご予約を!
1 800 893 8079
毎日24時間、専門スタッフによるサポートが受けられます
イギリスの人気都市およびホテル

質実剛健で誇り高きイメージのエジンバラは、その背景にある歴史も大変興味深く、観光客にも人気の都市です。多くの素晴らしい建造物に恵まれ、ヨーロッパでも有数の絵になる都市といっても差し支えないエジンバラはスコットランドの誇りであり、世界中の人々が訪れます。120万ほどの人口を抱えるエジンバラ。その旧市街、新市街ともに世界遺産に登録されており、海外に住む友人や家族に、ついエジンバラの自慢をしたくなってしまうのも納得できます。世界中に散らばるスコットランド系の人たち、学生、そして観光客などを惹きつけてやまない、街全体が文化遺産とも言えるエジンバラはヨーロッパでも特に支持の高い都市のひとつです。

何千年も前までその起源を遡ることになるエジンバラ。何から訪れるか迷うところです。まずはエジンバラ市街を見下ろす岩山、キャッスルロック(Castle Rock)の上に雄々しく聳え立つエジンバラ城(Edinburgh Castle)から始めるのが順当でしょう。景観の面でも歴史的にも、エジンバラの主役と言えるのがこのエジンバラ城です。

記録によると人間がここに定住した記録は紀元前9世紀頃と言わています。本丸に隣接するセントマーガレット教会堂(St. Margaret’s Chapel)は、ノルマン様式の見事な建築です。1100年頃建てられ、エジンバラ城内に現存する建物で最古のものです。他の主なみどころとしては、スコットランド国立戦争記念館(National War Museum)、グレートホールGreat Hall、かつて王族の住居だったロイヤルパレス(Royal Palace)などがあります。

エディンバラのほとんどのみどころは、旧市街(Old Town)と新市街(New Town)に集まっています。旧市街の目抜き通りは、エディンバラ城とホーリールード宮殿をつなぐロイヤルマイル(Royal Mile)と呼ばれる石畳の一本道。中世そのままのロイヤルマイルには、素晴らしい建築物も残っています。スコットランド国立博物館(National Museum of Scotland)、高等司法裁判所(Law Courts)、セント・ジャイルズ大聖堂(St. Giles’ Cathedral)などが主なものです。900年以上にもわたり、エディンバラにおける宗教の中心となってきたセント・ジャイルズ大聖堂。その内装は、壮大で印象的です。特にステンドグラスはスコットランド有数のものとされています。

エディンバラの新市街に移りましょう。新市街といってもその歴史は1765年にまで遡ります。新市街には、啓蒙時代の影響がうかがえる美しいジョージアン様式の邸宅が並びます。おしゃれなプリンスとおり(Princes Street)でのショッピング、国立スコットランド美術館(National Gallery of Scotland)、バルモラルホテル(Balmoral Hotel)などが新市街でのおすすめな過ごし方です。

エディンバラは、フェスティバルやコンサートが盛んに行われる都市です。エディンバラ・ふりんじ(The Edinburgh Fringe)は、参加資格の審査がないため、他ではなかなか目にすることの出来ない前衛的な演劇やパフォーマンスが見られることで知られ、今や世界有数の規模のフェスティバルへと成長しました。フリンジが後援するオフシュート・コメディ・フェスティバル(The offshoot Comedy Festival)もまた人気のイベントです。

その他のおもな催しに、ジャズ&ブルースフェスティバル(Jazz and Blues Festival)、国際書籍フェスティバル(International Book Festival)、芸術祭(Art Festival)、国際科学フェスティバル(International Science Festival)などがあります。一年を通じて、何かしらイベントがあるような印象を受けるのが、このエディンバラの街です。

大晦日から1月2日のバンクホリデー(祝日)までを、ドンチャン騒ぎで盛大に祝おうとするのがスコットランドの伝統に由来したホグマニー・パーティー(Hogmanay party)です。プリンス通りとロイヤルマイルに、30万人以上の人々が詰め掛け、賑やかな光景です。この時期、エディンバラにいたら、ぜひ一緒に楽しんでください。

エディンバラは穏やかな海洋性気候で、冬季でも比較的緩やかな気候条件です。

  • 冬 (11月~2月) 0-9°C
  • 春 (3月~5月) 1.5-14°C
  • 夏 (6月~8月) 9-19°C
  • 秋 (9月から10月) 6- 16°C

エジンバラ のホテル

Edinburgh hotels

魅惑の古都エジンバラ

スコットランドの首都エジンバラは、英国でもっとも勢いのある都市のひとつ。世界的に有名なフリンジ・フェスティバルや、年末年始を賑やかに祝うホグマニーなど各種イベントも盛んです。豊かな歴史を感じさせる街並みも、もちろんエジンバラの人気を支えています。 ... つづきを読む »

エジンバラの中心部には、歴史的建造物が溢れんばかりです。また幽霊が出るとの噂がある建物も多くあり、ゴーストツアーなども催行されています。エジンバラ城は、小高い丘の上(死火山)からエジンバラの街を一望する堂々たる古城。エジンバラ城からは、観光客で溢れかえるロイヤル・マイルホリールード宮殿まで続いています。旧市街を貫くロイヤル・マイルを歩くと、エジンバラの長く、豊かな歴史を肌で感じることができるでしょう。

エジンバラの魅力は、その重厚な歴史と建造物だけではありません。評判のレストラン、ナイトライフ、スコットランド屈指のショッピング街プリンスズ・ストリートなども存分に楽しみたいものです。夜遅くまで明るく、さわやかな夏でも、午後3時には暗くなる寒さの厳しい冬でも、四季それぞれの魅力に溢れているのがエジンバラです。

スコットランドの伝統衣装キルトに身を包んだ男性の姿も街のあちらこちらで目にすることでしょう。本当にキルトの下には何も着けていないのか、ちょっと気になりますね。

エジンバラのトップ10

10. スコットランド国立博物館スコットランドで最も展示内容が充実している博物館。最近改装を終えたばかりで、連日多くの人が訪れます。

5. 王立植物園花々に囲まれて、ゆったりと過ごすひとときは、とかく過密になりがちな旅行中のスケジュールにぜひ組み込みたいものです。

9. アーサーズ・シートホリルード 公園内にある小高い丘。アーサー王がここに腰掛けて街を眺めていたというのが、この丘の名前の由来です。エジンバラ市街のパノラマビューが眼下に広がります。

4. クラモンド村: エジンバラ郊外、アーモンド川の河口に開けた美しい村。ヨットや小船が浮かび、のどかな風景が心を和ませてくれます。クラモンド村は、2世紀までその歴史を遡ります。

8. エジンバラ・ゴーストツアー世界的に有名なエジンバラ・ゴーストツアー。幽霊が出るとの噂がある史跡などを巡るこのツアーは、満足度大のおすすめアトラクションです。

3. ホリールード宮殿エジンバラでの英王室の公邸。エリザベス女王をはじめ、王族が夏に滞在します。王族の滞在中以外は一般に公開されています。

7. エジンバラ動物園英国でコアラが見られるのは、ここだけ。他にもたくさんの可愛らしい動物、迫力ある動物に会えます。

2. セント・ジャイルズ大聖堂塔と冠尖塔、そしてステンドグラスが素晴らしい歴史あるこの大聖堂は、堂々とロイヤルマイルの中心に建っています。

6. スコッチ・ウィスキー・ヘリテージセンターウィスキー醸造の過程を見学しながら、試飲もできます。魅惑の味についおかわりをしたくなるでしょう。

1. エジンバラ城一日中いても飽きることのないエジンバラのシンボル、エジンバラ城。城砦からの素晴らしい眺め、血塗られた歴史など、人々の心を掴む要素が揃っています。

エジンバラ・エリア情報

旧市街

エジンバラの歴史地区の中心で、訪れたい観光スポットがいっぱい。エジンバラ城や、クイーンズギャラリーを有し、ロイヤルアートの宝庫でもあるホリールード宮殿、ノルマン征服以前から存在していたセント・ジャイルズ大聖堂 などが代表的な見どころです。

ユニークな体験をしてみたいという方は、the ロイヤル・マイル で、メアリー・キングス・クローズのツアーに参加してみてはいかがでしょう。幽霊が出てきそうな地下へと続く暗く湿った16世紀につくられた路地を、ガイドと一緒に当時の生活を偲びながら歩きます。thまたよりアトラクションの要素が強いのが、エジンバラ・ダンジョン。身の毛もよだつ拷問シーンなどの蝋人形が並ぶ究極のお化け屋敷といってもよいでしょう。

新市街

新市街とはいえ、歴史をかんじさせるエリアは、エジンバラのショッピング、ビジネスの中心。十分な予算で、ショッピングにのぞみましょう。人気のブランドショップ、デパート、ショッピングモールなら、プリンスズ・ストリートへ。ジョージ・ストリートやマルトゥリーズ・ウォークは、もう少し洗練されたイメージ。トレンディなファッションやグッズならブロートン・ストリートやリースウォークへ。

気が済むまでショッピングを楽しんだ後は、小説家のウォルター・スコットを記念して建てられたスコット・モニュメントに上ってみましょう。スコットランド国立美術館およびジョージアン・ハウスもぜひ訪れたい文化施設です。

新市街のほとんどはジョージアン様式の建物です。建物の内部や当時の生活様式も気になります。

ストックブリッジキャノンミルズ

ストックブリッジとキャノンミルズは新市街のすぐ北側にあるお洒落で、スコットランドらしい情緒に溢れたエリア。王立植物園やアントニー・ゴームリーによる6体の等身大の銅像作品「6 Times」の一部(他の部分はウォーター・オブ・リースにあり)もあります。

エジンバラでおいしい食事にありつきたかったら、このエリアへ。インド料理のおいしいお店が揃っています。またたくさんのセカンドハンドやアンティークショップが集まっており、ヴィンテージ好きの人にはたまりません。

サウス

作家ダン・ブラウンのファンなら、ダヴィンチ・コードの聖杯を探す旅の足跡を辿っていませんか?謎に満ちたたくさんの彫刻や美術品で知られるロスリン礼拝堂はぜひ訪れてみたい場所の筆頭です。史跡を存分に堪能した後は、王立天文台へ。重厚な雰囲気の天文台には、巨大な天体望遠鏡などがあり、宇宙へのロマンをかきたてられます。

ウエスト

ウエストにあるのは、スコットランド最大のスタジアムマレーフィールド・スタジアム。ラグビーのワールドカップのホストスタジアムとしても使われました。エジンバラ動物園では、可愛らしいペンギンの行進や遠くオーストラリアからやってきたコアラを見ることができます。

16世紀の居城ローリストン城は、博物館として公開されており、美しい内装や家具、調度品そして、京都市との友好してつくられた日本庭園があります。フォース湾を借景に取り入れ、安らげる空間です。気軽に行ける日帰り旅行なら、バスに乗ってクラモンドに出かけてみましょう。水彩画のような海辺の村でのんびりと過ごせます。美しい景色を眺めながら、ゆっくりとランチをお楽しみください。

ダイニング・セレクション

The Elephant HouseJKローリングスが、無名時代にハリーポッターの第一作を書いていたカフェ。コーヒーとバラエティ豊かな軽食が楽しめます。旧市街

Dionika シーフードで有名なレストランですが、スペイン料理も自慢のメニュー。キャノンミルズ

The Raj気取らない雰囲気で、絶品のカレーなどを楽しめるお店。食事の後は、水タバコをゆっくりふかしながら、くつろぎタイムを。リース

Opal Loungeハウスやエレクトロなどで踊るならここ。エジンバラのお洒落な若者が集まるクラブです。新市街

The Sheep Heid Inn1360年創業のスコットランド最古のパブ。まったりとくつろげる居心地のいい空間で、ビールと伝統料理などを楽しみましょう。Duddingston

Oloroso 屋上にあるレストランで、抜群の眺望と選りすぐりのメニューを堪能。ホタテは必ずオーダーしたい一品です。 新市街

E:S:Iアートギャラリーのような粋な空間で、評判のステーキを。リース

Dragonfly 旧市街中心部にあるシックなバーラウンジ。カクテルには定評があります。

Thai Padエジンバラのタイ料理ならここ! 美しく繊細に盛り付けられた本格的なタイ料理を堪能できます。新市街

The Witcheryエジンバラ城のすぐそば、という抜群のロケーション。贅沢な雰囲気に酔いしれながら、モダン・キュイジーヌから、スコットランド伝統のハギスまで、豊富なメニューをお楽しみください。Old Town

エジンバラのイベント

ロイヤルウィークは、 女王陛下がホリールード宮殿に滞在する1週間。で、女王にホリールード宮殿の鍵を手渡すセレモニー・オブ・ザ・キーと呼ばれる儀式により、ロイヤルウィークが幕を開けます。女王陛下は、さまざまな行事に参加し、ガーデンパーティーを開くなど、忙しい毎日を送ります。エジンバラの街中が歓迎ムードに沸き返ります。ロイヤルウィークは、 毎年6月の終わりごろとなっています。

The エジンバラ・アートフェスティバル国内外からアーティストがあつまり、さまざまな展覧会やイベントが開催されます。伝統アートから斬新なものまで、目白押し。開催期間は、7月から9月までです。

もっともスコットランドらしいイベントといえば、このエジンバラ・タトゥー。音楽、ダンス、軍隊のパレードなどのパフォーマンスが繰り広げられます。エジンバラ城 を舞台とした壮大なショーに、世界中から観客が集まります。エジンバラ最大のアトラクションといってもいいでしょう。8月上旬から下旬にかけて開催されます。

毎年8月に行われるのが、エジンバラ・フリンジ・フェスティバル。コメディを中心に、ミュージカル、エキシビション、サーカスなど幅広く芸術一般を楽しめるアートフェスティバルです。ローワン・アトキンソンやエマ・トンプソンなど、フリンジ・フェスティバルから、数々の有名人も排出されています。

ホグマニーは、スコットランドならではの大晦日。ロイヤルマイルマイル に、スコットランドの詩人ロバートバーンズによる蛍の光の合唱が響き渡ります。

ベストシーズンはいつ?

エジンバラはいつ訪れても、それぞれの季節ごとの美しさを感じさせる街です。ただ日照時間と暖かさを重視するなら、5月後半から9月にかけてがいいでしょう。当然、この時期は、エジンバラが最も賑わう時期であり、たくさんのイベントも開催されます。

  • 冬の平均気温: 5°C
  • 春の平均気温: 14°C
  • 夏の平均気温: 21°C (70°F)
  • 秋の平均気温: 10°C (50°F)

旅をもっと楽しむために

アルコールに関連した事件が問題となっています。これはエジンバラに限ることではなく、英国全土が抱える問題です。アルコールはほどほどに、酔っ払いに絡まれそうになったら、

訛りやキルトなど、スコットランドの伝統を揶揄したり、侮辱するような言動は慎みましょう。

エジンバラを巡るには

エジンバラ中心部は歩いてまわるのにちょうどよい広さ。坂道もありますが、その分眺めは格別です。ゆっくり景色を楽しみながら、街歩きを堪能しましょう。少し遠くへ足を伸ばすには、バスが便利です。

ホテルクラブ・ブログ

10 Best UK Road Trips

10 Best Pubs In Edinburgh

Edinburgh Festivals

5 Things To Do In Edinburgh

Edinburgh - Athens Of The North

Autumn Escape To Edinburgh

7 Beautiful Scotland Castles

Edinburgh Castle - The Ancient Stronghold

« 隠す
日付け選択
  • 概要
  • 詳細
  • ホテル写真
  • 地図
  • アメニティ
Hotel Edinburgh First
評価スコア
2.6
(5段階評価)1 コメント
18 Holyrood Park Road Edinburgh EH16 5AY

Hotel Edinburgh First provides budget-friendly bed and breakfast accommodations suitable for leisure travelers or corp... More hotel details

  • 概要
  • 詳細
  • ホテル写真
  • 地図
  • アメニティ
ジュリース イン エディンバラ
評価スコア
4.0
(5段階評価)2 コメント
43 Jeffrey Street Edinburgh EH1 1DG Scotland

ロケーション
Jurys Inn Edinburgh はエジンバラの中心で、国際会議センター、エジンバラ城やその他ツーリストアトラクションの多くに徒歩で行っていただける便利な場所にあります。

客室... More hotel details

日付け選択
  • 概要
  • 詳細
  • ホテル写真
  • 地図
  • アメニティ
Britannia Edinburgh Hotel
評価スコア
0
(5段階評価)0 コメント
69 Belford Road Edinburgh EH4 3DG

With comfortable accommodations in a central location, Britannia Edinburgh Hotel makes for a suitable base for travell... More hotel details

日付け選択
  • 概要
  • 詳細
  • ホテル写真
  • 地図
  • アメニティ
The Ritz Hotel Edinburgh
評価スコア
0
(5段階評価)0 コメント
14-16 Grosvenor Street Haymarket Edinburgh EH12 5EG

The Ritz Hotel Edinburgh welcomes visitors to individually designed accommodations set in the heart of the Scotland ca... More hotel details

日付け選択
  • 概要
  • 詳細
  • ホテル写真
  • 地図
  • アメニティ
The Place Edinburgh
評価スコア
0
(5段階評価)0 コメント
36 York Place Edinburgh EH1 3HU

Whether in Edinburgh for a business trip or a much-awaited break, discerning travellers find it convenient to stay in ... More hotel details

  • 概要
  • 詳細
  • ホテル写真
  • 地図
  • アメニティ
ベストウエスタン エディンバラ キャピタル ホテル
評価スコア
4.8
(5段階評価)1 コメント
187 Clermiston Road Edinburgh Lothian EH12 6UG

Best Western Edinburgh Capital Hotelは、エジンバラ市内での会議や特別イベント、週末旅行などに便利な、温かいおもてなしが特徴のホテルです... More hotel details

Hot DealStay 2 Nights & Save 15%
日付け選択
  • 概要
  • 詳細
  • ホテル写真
  • 地図
  • アメニティ
Masson House Hotel
評価スコア
3.5
(5段階評価)2 コメント
18 Holyrood Park Road Pollock Halls Edinburgh EH16 5AY

Enjoy cosy accommodations and idyllic location at Masson House Hotel. The accessible property is situated close to pop... More hotel details

日付け選択
  • 概要
  • 詳細
  • ホテル写真
  • 地図
  • アメニティ
Royal British Hotel Edinburgh
評価スコア
4.3
(5段階評価)5 コメント
20 Princes Street Edinburgh EH2 2AN

エジンバラを代表するプリンスズ・ストリートにあるロイヤル ブリティッシュ ホテル エジンバラ (Royal British Hotel Edinburgh )。スコットランドの首都エジンバラでの拠点として理想的です。エジンバラ城、ジャイ... More hotel details

日付け選択
  • 概要
  • 詳細
  • ホテル写真
  • 地図
  • アメニティ
Old Waverley Hotel Edinburgh
評価スコア
3.9
(5段階評価)6 コメント
43 Princes Street Edinburgh EH2 2BY

Old Waverley Hotel Edinburghは、エジンバラの観光名所、金融エリア、さらに公共交通機関へのアクセスが容易なロケーションにあるホテルです。1838年にプリンスズ・ストリートに開業し、現在も同じ場所にあるジェナーズ... More hotel details

日付け選択
  • 概要
  • 詳細
  • ホテル写真
  • 地図
  • アメニティ
The King James By Thistle
評価スコア
4.3
(5段階評価)6 コメント
107 Leith Street Edinburgh EH1 3SW

Thistle Hotel Edinburgh は、ビジネス、レジャーでエジンバラを訪れるいずれの旅行者にも理想的な、アメニティの完備されたホテルです... More hotel details

2
 
 

エリア:
住所
SSLA Better Business Bureau Program
Orbitz